先週8月13日に迎えました石川家の先祖と盆の期間を昔を懐かしみながら過ごし、今日は送り盆を迎えました。
当家の墓は深志神社の北にある全久院にあり、本日もたくさんのお墓詣りの方がいらっしゃりました。菩提寺である瑞松寺より授かった塔婆を墓前に捧げて無事に先祖の霊をお見送りし、樺を焚いて当主を筆頭に深く拝み、来年もお迎えに上がることを告げてまいりました。
先祖の思いを受け継ぎ、今一層家業に励んでまいりたいと存じます。