夏休みに入り、ご家族で来館していただく機会が増え、当館にも大勢のご家族の方がこの日を楽しみにいらしていただいております。
七夕というと7月7日が暦上一般的と思われますが、月遅れの8月7日に行われるところもございます。8月のお盆に近いこの時期に夏祭り等のイベントと合わせて行われることも夏の醍醐味と言えます。
美ケ原温泉でも月遅れで「七夕まつり」を各旅館で行っています。
七夕飾りの笹の風になびく様子は夏の盛暑を和らげる効果があり、松本地方伝統の「押絵びな」はその愛らしい姿が一興です。
お客様にはお帰りの際に短冊に願いをしたためていただき、お客様自らの手で結いつけていただいております。
願いが天に届き、幸せが一つでも多く実現することを祈っております。

写真は、ご家族様で願いを込めた短冊を飾っているところです。