今日、足湯の前庭に小さな福寿草の黄色い花が顔を出していました。春を告げる花として知られる福寿草の花言葉は、永久の幸福、思い出、祝福のとおり福を招く縁起の良い郷愁を感じさせる可愛い花です。毎年3月上旬~3月下旬には、「松本・四賀の里福寿草まつり」が開催され多くの人で賑わいます。これからは色々な花が咲く芽吹きの春がやって来ます。季節の花めぐりや澄んだ空気、アルプスの眺望、露天風呂での入浴等を楽しみに信州/松本に是非お越し下さい。

写真は、小さな春の福寿草と、澄んだ空気のもと眺めるアルプスの眺望です。