例年、ガソリン、灯油の価格は消費が多い冬場に上がり、夏場にかけて落ち着く傾向にありましたが、今年は、中東情勢の不安定もあり、このところ高値で推移しています。二年前の東日本大震災では、津波により東京電力福島第一原発が未曾有の被害に合い、施設が使用できないのは勿論のこと、廃炉の処理が完了するのに40年はかかるそうです。地震大国日本ですので今後も何時また大地震が起るか分かりません。国民も節電・省エネ・環境を考えそれぞれに努力をしており、消費電力や原油の輸入量は、以前より相当抑えられているのではないでしょうか。さて、当館では6月に館内の電球をLED電球に替え節電すると共に、今年度は太陽光発電に取組もうと考えております。松本は全国でも有数の太陽光発電に適した環境にあり、システム設置にあたり、国・県・市から特別な優遇措置があるようなので、今後検討してまいりたいと考えております。今までに増して「安心・安全・快適な宿」且つ、環境に優しい宿を目指した設備投資に力を入れてまいりたいと思います。