昨日5月5日は端午の節句で、当館のお風呂には菖蒲(アヤメの葉)を入れて菖蒲湯をお楽しみいただきました。端午の節句は江戸時代、尚武の節句とも言われたことから菖蒲と尚武をかけて菖蒲湯に入る習慣が始まったそうです。菖蒲にはアザロンやオイゲノールという精油成分が多く含まれ腰痛や神経痛を和らげる効果があり、血行促進や保湿効果の薬効もあります。また、独特の香りがアロマセラピー効果をもたらし心身ともにリラックスすることを期待できます。冬至の柚子湯や、冬期の林檎湯と共にお客様にお楽しみいただきたいと思っております。

写真は、露天風呂「こもれびの湯」の菖蒲湯です。