昨日、二月三日節分、恒例の豆撒きを実施しました。当館の主人が鬼の面をかぶり、豆をまく役と、カメラにおさめる役は若手に任せ大きな掛け声とともに芽吹きの春に向けて鬼は外へ、福は館内へ呼び込みました。そして、客室を回りお客様に年の数分の福豆を差し上げ今年一年の招福を祈念しました。