地元の特産を地元で味わい、地元への愛着を感じてもらうためには、その場その旬で地元固有の食し方で嗜むのが一番です。全国的に広まる地産地消の取り組みに輪を掛けて、松本でも地元の食材の認知度、地元での利用度は深まっています。

当館においても、繋ぎは2割以下に抑えて長野県産のそば粉のみで打つお蕎麦、信州サーモン・岩魚という信州の湧き水・山の雪解け水で育まれた川魚、山岳県である長野県に豊富な山菜等の食材でつくった創作料理で、存分に地元の旬の味わいを発信してきました。

この度、朝食でお出ししていたヨーグルトに信州ならではのインパクトを加えようと、信州りんごを盛りだくさんに詰め込んだ新作をご用意しました。
信州八ヶ岳野辺山産の乳の旨みが舌に残るヨーグルトをベースに、信州産りんごを乾燥させて食感の感じられる程度に刻んだ干しりんごと、りんごの甘みと酸味とのバランスを絶妙に保った濃縮りんごエキス「りんごの精」とをトッピングした、地元信州の恵みを惜しみなく使った一品です。
よくかき混ぜてお召上がり下さい。りんごの旨みと、それと相性のよい乳のコクとがとけ合い、口に入れた瞬間に信州の香りが口いっぱいに感じられます。